スノードームのはじまり

スノードームが生まれたのは1889年のパリ万博でした。
新しいものが好きなパリの職人たちは、パリ万博のシンボル、エッフェル塔を、手のひらサイズの小さなガラスの球に閉じ込めました。

エッフェル塔がパリの人気者になってゆくのと同時に、この可愛らしい置物は、世界中で愛され、広まっていったのです。

収蔵品の一部ご紹介

スノードーム美術館内ショップ

スノードーム美術館では、展示以外にスノードームの販売もしております。

当館のお薦めする上質で愛らしいスノードームを、手に取ってご覧頂けます。大切な方への贈り物にも、是非ご利用下さい。

スノードームの卸について

スノードームを販売してみたい・・・とお考えの方向けに、卸のご相談にも対応させて頂きます。

詳しくはお問い合わせ下さい。